教会長挨拶

    2014年3月3日より、「世界平和統一家庭連合 立川家庭教会」に赴任いたしました金 j培と申します。HP空間を通してご挨拶できることを心から喜びと存じます。このHPを訪問してくださる皆様を心から歓迎申し上げます。

私自身、日本の牧会生活では、立川教会が12番目の赴任地となります。すべてのことに偶然はないことを思えば、今回もまた神様の導きによって与えられた環境に、大きな希望と喜びをもって日々のみ旨に勤しんで参ります。

世界平和統一家庭連合は本山(本部)が韓国にあります。日本に於いては、2015年8月、「世界基督教統一神霊協会」から「世界平和統一家庭連合」として名称変更があり、「家庭連合」という名称でも使用されています。

「立川家庭教会」では、通常の日曜・月曜・水曜礼拝、統一原理の勉強会、文鮮明師の教えの根幹である「愛天・愛人・愛国」に基づいた、「文鮮明自叙伝:平和を愛する世界人として」の書写活動・集い・普及、地域清掃奉仕、小中高生の心性教育・礼拝、幸せな家庭づくりのための「様々な講座」等の勉強会を展開しております。

立川家庭教会に来て感じるのは、立川の街は駅前をはじめ、地域の人が多く集まり、これから益々発展を期待できる可能性の大きい場所であるということです。万民が願う平和な国、平和な世界実現に向け、「実践すれば道は開かれる」という信念のもと、地域の皆様と共に愛の実践を積み重ねられればと思います。

皆様方の当教会へのお越しを、心よりお待ちいたしております。


      2014年 3月 吉日    立川家庭教会長 金 j培拝
 


教会のご紹介

立川教会





立川教会の成り立ちと位置


立川教会は約20年以上前から、開拓教会としてJR立川駅北口や南口に拠点を置いて
いましたが、2012年に公認教会となり、新たな出発をいたしました。
文鮮明師御夫妻の「為に生きる」という教えを基に、立川市のみならず、国立市や
国分寺市や昭島市など、近隣の市町村からも多くの教会員が集って、それぞれに
活動しています。

また、初めて来られた方でも、神様の愛を実感していただける教会を目指しております。

大きな地図で見る

外観   教会住所
   190-0011
   東京都立川市高松町3-14-15 平和ビル5F

地域のご紹介


モノレール
立川市は東京都の多摩地域に所在し、現在17.8万人が住んでいます。
立川の名は、この地を治めていた豪族の立川(立河)氏に由来すると言われており、立川市に流れている多摩川の河原は時折、合戦の場となっていたそうです。
戦前は航空機産業で成り立ち、戦後は進駐軍が立川基地を敷設して基地の街となりましたが、基地の返還と共に、残された跡地に自衛隊や警察や消防や医療関係の特殊施設が立ち並び、現在は広域防災基地として稼働しています。
JR立川駅は中央線、青梅線、南武線が乗り入れており、また多摩都市モノレールもあって、
通勤通学を始め、多くの利用者で賑わっています。特にモノレールとビル街という組み合わせは近未来的で、これまでも映画やアニメの舞台としてトレースされることが良くありました。

統一教会紹介ビデオ




米国の教会員が作った、統一原理を紹介するアニメーションです。


韓国のケーブルTV、MBCnetが製作したドキュメンタリー「文鮮明、統一と平和のための生涯」(日本語字幕入り)です。