トップページ > 礼拝のみ言 > 2013年12月29日

2013年12月29日 題目「天が願われる勝利者!」
 許満亮教会長

本文のみ言:「天聖経、聖書」

天聖経 第9巻:祝福家庭
第1章 真の父母と祝福

2)真の父母と重生と血統転換
 皆さんは、買ってきた人たちです。人類を与え、天宙を与えて、買ってきた人たちです。ゆえに神様は、皆さんをおいて天地を審判したいと思われるのです。神様は、サタン世界の奴隷の立場にある皆さんを買い、神様の息子、娘として立てました。ゆえに皆さんは、福を受けた栄光の子女たちです。ですから、全世界で皆さんを「くれ」と言うとき、与え得る皆さんにならなければなりません。皆さんは、先生の血と汗の代価で買ってきた人たちです。したがって、皆さんも先生のような仕事をしなければなりません。先生は、食口たちを誇りたいのです。このような立場で公約しましょう。(11-164,1961.7.20)


天聖経 第6篇真の万物
第3章 真の万物の嘆きと真の万物主管

15 私たちが失った本然の基準を取り戻し、新しい理念の天国に入って暮らそうとすれば、どんな人になるべきかを知らなければなりません。造られたすべての万物は、神様と愛の関係を結んでいることを知り、それを父の影のように感じなければなりません。事実、万物は父の心情の影のようなものです。父がもてる精力をすべて注いで造られたのです。父の手を経て造られたものなので、万物は父の代身者のように貴い価値を感じ、愛してくれることを願っています。しかし、堕落以降、今日まで、誰もそのように扱ってはくれませんでした。ですから、嘆息せずにいられるでしょうか。ですから、聖書に万物が嘆息しているとあるのです。(P649)


天聖経 第5篇真の家庭
第4章 真の子女の教育と家庭天国

14 この世で、人間として一生の間、生きながら残すべきことがあるとすれば、それは3つしかありません。一つは原理の道です。原理の道どおりに、み旨のとおりに生きたという事実です。その次には、良い子孫を残していくことです。その次には、この地上で生きる時に、その子孫たちを世の中の立派な人材として育てること、教育することです。このような三大責任があるというのです。(P572)


「新約聖書」

・ヨハネの黙示録2:26「勝利を得る者、わたしのわざを最後まで持ち続ける者には、諸国民を支配する権威を授ける。」

・ヨハネの黙示録3:5「勝利を得る者は、このように白い衣を着せられるのである。わたしは、その名をいのちの書から消すようなことを、決してしない。また、わたしの父と御使いたちの前で、その名を言いあらわそう。」

・ヨハネの黙示録3:12「勝利を得る者を、わたしの神の聖所における柱にしよう。彼は決して二度と外へ出ることはない。そして彼の上に、わたしの神の御名と、わたしの神の都、すなわち、天とわたしの神のみもとから下ってくる新しいエルサレムの名と、わたしの新しい名とを、書きつけよう。」

・ヨハネの黙示録3:21「勝利を得る者には、わたしと共にわたしの座につかせよう。それはちょうど、わたしが勝利を得てわたしの父と共にその御座についたのと同様である。」

・ヨハネの黙示録21:7「勝利を得る者は、これらのものを受け継ぐであろう。わたしは彼の神となり、彼はわたしの子となる。」



                        戻る





reihai20120715.htmlへのリンク