トップページ > 礼拝のみ言 > 2013年3月3日

2013年3月3日 離任特別礼拝 題目「見方を変える」
 
古屋泰春教会長

訓読のみ言 大母様 日本責任者集会のみ言 抜粋

 私は今、天正宮博物館から下りてきました。真のお母様から「今日はどうでしたか。良かったですか」と尋ねられたので、「良かったです。感謝します」とお伝えしました。第一部の式典で着られた衣装は、すでに何年も前に準備していたものでした。当時、突然「紫色の生地に雲の模様を金糸で刺繍した服を作りなさい」と言われました。それで、一生懸命に準備をしました。

 今回はすべてを成したという意味を込めて、清く美しい雲にしました。今日、真のお父様は、「雲は聖徒たちを象徴するもので、聖徒たちが真の父母様に侍る立場を中心として衣装を作るように天の父母様がされた」と言われました。私たちが見守る中で、真のお母様は本当にたくさんの涙を流されました。先程も会話をしながら泣き続けられました。その背後には真のお父様がいらっしゃり、真のお母様が成されたすべての内容と祝福家庭の実績をご覧になられ、真のお父様も涙を流して喜ばれる貴い祝福と恩恵の日でした。

 私たちは基元節と言いますが、基元節とは何でしょうか。食口たちの中には、「基元節は天運と天福が共にある日なので、基元節の後は仕事をしなくても受けた祝福で自動的に生活できる」と考えている食口もいました。今回何と言われましたか。私たちを天一国民だと言われました。私たちの国は天一国です。天一国に今日から入ったのです。天一国民なのです。そうだとすれば、私たちはどのような生活をするべきでしょうか。基元節を迎えて天一国に入り、「本当に良かった」と喜ばしい面もありますが、そうではない面もあるのです。天一国民として生きれば福を受けますが、そうでなければ蕩減が伴うのです。基元節を迎えて、自動的に天運と祝福を受けて生きられるというのではなく、もう一度しっかりと身を引き締め、心と体を再定立して整理整頓し、歩み一歩一歩に、言葉の一言一言に注意しながら、「サタンや悪が讒訴しないだろうか。果たして天一国民として、相応しいだろうか」と自分を点検しながら、真の父母様が今まで下さったすべてのみ言を中心として、天一国の中で生きなければならないのです。そうしなければいけないのです。これまで堕落性を持って生きてきたとすれば、御旨の中で一生懸命できなかったとすれば、それをもう一度考えながら生きていくようにして下さい。


 3月は、いつも変わるときだと話されながら、環境が変わるときこそ自分自身もかわるチャンスである、どのような環境も天の父母様が与えて下さる。これから7年間倒れずに行きましょうと語って下さいました。

 説教の後、御夫人から、喧嘩一つせずご家族を愛して下さったことや、難しい任地であったとしても、必ず「天国だった」と話されるなど涙ながらに証して下さいました。
 
 大震災の直後から約2年間、立川教会で精誠を尽くして下さり、共に基元節を迎えることができたご恩に感謝し、花束を贈呈し皆で記念撮影して終了となりました。

離任礼拝 花束贈呈




戻る




reihai20120715.htmlへのリンク