トップページ > 礼拝のみ言 > 2013年2月24日

2013年2月24日 基元節式典の帰国報告 古屋泰春教会長

訓読のみ言 天の父母様の日 真のお母様のみ言 抜粋

 お父様は、蕩減復帰摂理歴史を勝利をもって導いてこられました。その一つ一つには、列挙することができない悲痛と悲しみ、痛みがあります。蕩減がそうです。私たちに全てを探し出して与えてくださったのですが、これを受けるばかりでいられないことも事実です。責任を果たすことができなければ、私たちにも蕩減が生じるのです。天の願いと私たちの願いが地の果てまで届き、天の父母様のことを知らない人がいないようにしなければならないのが、私たちの責任です。「孝子」や「忠臣」という言葉は、安楽な時に語られる呼称ではありません。最もつらく困難な時、父母様のために死生決断、国のために全力投球、このような心情と実践が伴わなければ、その呼称を受けることはできません。

 皆さんが歴史上、先にもあとにもないこの時を迎えて、最も祝福された幸福な時であることは間違いありません。しかし、皆さんが責任を果たせなければ最も悲惨な時になります。なぜでしょうか。伝道することができずに逝った全人類が、皆さんを讒訴するからです。(中略)

 伝道しなければなりません。氏族的メシヤの使命を果たさなければなりません。残された人生で、これをしなければなりません。これができなければ霊界に行って、真のお父様にお会いする面目がありません。「私が地上でお前たちに教え、またお母様までも、このように切実にお願いしたのに。」あなた方だけでなく、子孫のためにも、必ずしなければならないことです。私は皆さんにこのような話をします。環境創造をよくしましょう。環境創造がよくできた所では、一言だけ語っても十のみ言が分かるようになります。神様がアダムとエバを創造された時、アダムとエバは、神様と一問一答したでしょう。同じです。私たち祝福家庭たちが、環境をそのように創造するならば、少し努力するだけで伝道されないはずはありません。できるのです。基元節の後には皆さん方の精誠いかんによって、そのような奇跡のような驚くべき役事を見るようになるでしょう。私は宣言します。




戻る




reihai20120715.htmlへのリンク