トップページ > 礼拝のみ言 > 2013年1月6日

2013年1月13日  題目「本然の血統と連結された為に生きる生活」 古屋泰春教会長

訓読のみ言 マタイによる福音書 及び 家庭盟誓7番 より

 求めよ、そうすれば、与えられるであろう。捜せ、そうすれば、見いだすであろう。
門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。
 すべて求める者は得、捜す者は見いだし、門をたたく者はあけてもらえるからである。
 あなたがたのうちで、自分の子がパンを求めるのに、石を与える者があろうか。
 魚を求めるのに、へびを与える者があろうか。
 このように、あなたがたは悪い者であっても、自分の子供には、良い贈り物をすることを知っているとすれば、天にいますあなたがたの父はなおさら、求めてくる者に良いものを下さらないことがあろうか。
 だから、何事にも人々からしてほしいと望むことは、人々にもそのとおりにせよ。
 これが律法であり預言者である。   (マタイによる福音書第7章7節〜12節)

 天一国主人、私たちの家庭は真の愛を中心として、本然の血統と連結された為に生きる生活を通して、心情文化世界を完成することをお誓い致します。
                                     (家庭盟誓 7番)


戻る




reihai20120715.htmlへのリンク