トップページ > 礼拝のみ言 > 2015年01月18日

2015年1月18日
題目「天宙復帰」
金 琮培教会長

「訓教經」

 祝福家庭は本来、人間始祖が堕落して神様に対してできなかった愛を探さなければならない運命にあり、世界と国に対して愛することができなかったことを探すべき運命にあります。このためには国家を越え、世界を越え、天を愛さなければなりません。
 
 それゆえに私たちは、天を愛したという公認を受けて世界を愛さなければならず、世界を愛したという公認を受けて国家を愛さなければならず、国を愛したという公認を受けて氏族を愛さなければならず、氏族を愛したという公認を受けて家庭を愛さなければなりません。このように、家庭まで愛したという公認を天の前に認められたのちに初めて、夫婦間で愛さなければなりません。
 
 自分の家庭より氏族をより愛さなければならず、国をより愛さなければならず、世界をより愛さなければなりません。その次に、自らの親戚と祝福を受けた同僚を愛さなければならないのです。このようにして互いに連結された一つの家庭があるならば、その家庭はいくら多くの人々の中にあるといっても、見れば目立つのです。男性と女性が一つになって結合したその家庭では、国家を愛する形、世界を愛する形、天を愛する形が現れるのです。


 







 



                        戻る