トップページ > 礼拝のみ言 > 2014年08月03日

2014年8月3日
題目「七・一節、ハワイコナ報告」
金 琮培(キム・ジョンベ)教会長

「天聖經」

 この切迫した時点において、アメリカと国連の役割は、果たして何でしょうか。環太平洋の中心に位置しているアメリカのノーフォークとハワイは、大西洋と太平洋はもちろん、五大洋を代表しています。そのハワイとノーフォークは、東洋と西洋を結ぶ架け橋であり、南と北を連結する鎖です。韓半島は、アメリカ大陸を背負い、太平洋圏のすべての島嶼国を糾合し、環太平洋圏を保護する祖国になるのです。重ねて申し上げますが、それは正に、人類の未来が韓国と日本、そしてアメリカを中心とする環太平洋圏の保全にかかっているからです。

 このような天のみ旨をよく知っていた私は、去る一九七〇年代から三十三年間、生涯の黄金期を、このアメリカを中心として世界平和のために精誠を尽くしました。そして、一九九一年には、冷戦時代に終止符を打つため、北朝鮮の金日成主席と会談に臨む瞬間にも、まずハワイに寄って精誠を捧げました。それを勝利した土台の上に韓国に戻り、神様の祖国と故郷を定着させる摂理を完成させつつあります。     
特に今年(二〇〇七年)は摂理的禧年を迎え、再びアメリカを訪れることになり、その最初の経由地としてハワイに行くことになりました。



                        戻る