トップページ > 礼拝のみ言 > 2014年07月06日

2014年7月6日
題目「真の父母様との因縁を忘れないようにしよう」

金 琮培(キム・ジョンベ)教会長

「天一国経典 天聖経」
第四篇 真の人間


 皆さんの子女は天国の民です。永遠の世界の民になるのです。子女をどれほど多く生んだかということが、皆さんが向こうの国で誇れる基準になります。それが最も誇らしい、最高に貴い財産になるのです。信仰の子女をたくさんつくることが、天の国に行って皆さんの所有になるのです。カイン側の子女とアベル側の自分の子女が一つになれば、堕落世界を復帰する理想基準が広がります。その二つが一つになることにより、拡張が始まるのです。

 神様は、人間を創造して祝福しながら、「万物を主管せよ」と言われました。「地に満ちるほどふえよ」と言われました。人間がこのみ言をすべて成し遂げて完成すれば、神様はその完成した人間を自ら主管しようとされました。これが創造の基準でした。ところが、人間は、この基準を今まで完成できませんでした。ですから、私たちは地を主管できない者たちであり、真の愛の世界において繁殖できない者たちであり、真の神様の愛を受けることのできない者たちです。これが私たちの悲しみです。

                        戻る