トップページ > 礼拝のみ言 > 2014年2月9日

2014年2月9日 題目「天一国基元節1周年によせて」許満亮教会長

本文のみ言:「真のお母様の講演文 」
天一国の基元節と私たちの希望(2012.3.6~3.11 日本、六か都市)

 皆様、今日、私たちが生きているこの時代は、歴史的な大天宙的革命期です。歴史を変え、霊界と地上界を一つにして、神様が太初から願ってこられた理想天国をこの地上に創建しなければならない大天宙的革命期です。これ以上、延期したり延長したりする時間はありません。天は既に2013年1月13日を「基元節」として宣布しました。実体的天一国の始発であり、起源となる日が、正にその日なのです。一年しか残っていません。
 
したがって、人類は今、天の命令に謙虚な姿勢で従順にならなければならない時です。平和の王であられる神様に代わり、地上界で摂理を経綸していらっしゃる真の父母様の導きに従い、残された一年間を全力投球、死生決断をしなければならない宿命的な時が、今日の私たちの前に近づいてきたのです。霊界の全ての善霊たちも総動員され、皆様よりも一歩先に立ち、再臨して走っています。

 摂理的に見れば、日本はエバ国家の使命を持っています。そのため、日本には異質な二人の息子がいます。それが北朝鮮系の朝鮮総連と韓国系の民団です。朝鮮総連と民団を一つにしなければ、エバ国家として立つことができません。エバが、カインとアベルのような朝鮮総連と民団を一つにすることによって、エバがこれを抱えていき、その伝統を韓半島に連結しなければならないのです。
 韓国と日本の女性連合会員たちは、一体となって新しい国家復帰という目標を定め、神様が求められてこられた神の国を復帰させる時まで進んでいかなければなりません。
 
 皆様!今では真の父母様を中心として世界が回っています。歴史的に怨讐だった韓国と日本、日本とアメリカ、アメリカとロシアのような国々も、ルーシェルから受けた堕落の血統を根絶して、新しい天の血統を伝授されるために交体祝福結婚に汎国家的な次元で参与するようになるでしょう。真のお父様が満天下に宣布して推進中である日韓海底トンネルプロジェクトとベーリング海峡トンネル事業も、世界的な次元で宗教人たちが先頭に立ち、解放された神様をお迎えして完成するでしょう。この世から神様の実存を否定する無神論の思想、すなわち共産主義を廃棄して、神様が本来理想とされた「万民疎通-和通」の世界を成し遂げていくでしょう。

 
 私たちの目的地はこの世の果てですが、出発点は正に私の心と体が真の愛を中心に一つになるところから始まらなければならないという事実を忘れないでください。
そして、私の家庭が永遠の幸福と真の愛の定着地になるとき、初めて私たちが願う理想の国、理想の世界が結実することを肝に銘じなければなりません。皆様全員は、この歴史的で摂理的な革命の隊列において必ずや勝利者になってください。

 天地人真の父母様を通して賜る天運が皆様と共にあるでしょう。これが正に、世界平和女性連合が神様と真の父母様、そして私たちの隣人と社会から愛され、真正な人生の恵みと幸福を感じる真の「母の道」なのです。

 愛する食口の皆様。
 私たちは、神様の秘密を知り、全てのことを蕩減して勝利した基台を立てられた真の父母様に侍っています。

 皆様は子女の立場にいます。私たちは、神様の夢を実現してさしあげる立場にいるがゆえに、幸福な人たちです。私たちはどれほど幸福でしょうか。全てのことを知っているのですから、真の父母様が見せてくださったとおりに実践していけばよいのです。

幸福は、自分のものとして持っていれば小さくなります。分かち合うほど大きくなるのです。私によって、私の隣人や氏族、また国家と世界が幸福になることができるのです。

 愛する食口の皆様!
 今年2012年は、内外共に、真に重要な時期です。外的に世界の多くの国で新しい指導者の選挙が予定されています。天が願う政府が立つことを祈らなければなりません。摂理的にも、天一国の基元節まで一年しか残っていません。
 最善を尽くして行動する道こそ、私たちが生きる道です。真のお父様は、若い人に劣らず、常に第一線で摂理を考えられ、企画され、また自ら未来の計画を尋ね求めていらっしゃいます。


                        戻る